近隣が迷惑する放置空き家問題、所有者がすべきこととは

人が住むことがなくなった放置空き家が今、国全体の問題となりつつあります。

家は人が住まず換気などが行われなくなると驚くほど早く朽ちてしまいます。そうなるとその家はもちろんのこと、近隣の住宅にも迷惑がかかる場合がありえます。

そういった空き家を抱えた場合、放置状態にしないためにはどういった対策ができるのでしょうか。

とりあえず手放さないという選択をした場合には適切な管理が必要です。

不動産会社などではそういった空き家の管理を行っている場合があります。清掃や換気、雨や雪の対策など、おおむね月額で5000円から10000円くらいで行ってくれます。

将来入居する場合の他、いざ売却するとなった時も物件をより良い状態で保っていた方が早く処分できる可能性が高いので、考えておくのがよいでしょう。

すぐに手放したいという場合はやはり不動産会社に頼るのがよいでしょう。そうはいっても不動産会社は思った以上に存在するものです。

そこで便利なのが不動産査定サイトです。登録している多くの会社に査定をしてもらえます。もちろんその中には大手不動産会社も多くありますので、安心して利用することが可能です。

管理されない空き家は近隣にも自治体にもメリットはありません。できるだけ早く良い不動産会社に依頼し、適切な対策を講じることが大切です。

PR|大田区で安心な解体工事会社