空き家

高齢化社会と空き家放置の問題

全国的に進む高齢化社会の影響が、あちらこちらに見られるようになってきました。最近、特に話題を集めているのが、空き家放置の問題です。とりわけ、問題が深刻化しているとして度々のように取り上げられているのが、地方です。

 

高齢化と過疎化などの問題が背景にあることは間違いありませんが、抜本的な解決策は見いだせていないというのが実態です。

 

空き家になるのは、その家に住む人がいなくなるからということは間違いありません。子供自体がいない世帯もあれば、結婚や就職のために家を離れてしまうというケースもあります。

 

実家に住むことになる子供がいれば問題ありませんが、既に家を出て生活の基盤が別にある人にとっては、実家は必要ありません。住んでいた親が亡くなれば、そのまま空き家になってしまうことになります。

 

大田区内でも解体業者を比較して、結局費用面で断念する人が増えているそうです。空き家を処分するだけの経済力があれば良いのですが、なければそのままの状態となってしまいます。やがて草木が生い茂るようになり、荒れ放題になってしまいます。