空き家

空き家だった祖母宅に結婚して夫婦で住むことにしました

主人の祖母が亡くなり、2,3年ほど空き家となっていました。
義母は三姉妹の次女ですが、長女は遠方に嫁ぎ、三女は養子にでており、いろいろとあった結果、義母の持ち家となりました。
義母にとっては幼い頃から住んでいた実家にあたるのと、祖母があと10年は住めるようにと1階のみリフォームしていたのもありそのままで取っておきたかったようです。
しかし、空き家だと税金も高く、近くとはいえ窓を開けたりと手入れをするのも一苦労です。
そんな折、私たち夫婦が結婚することになり、住んでもらえたら助かるといわれました。
職場からはお互いに遠くなり、私の精神的負担もやや高まりますが、主人がおばあちゃん子だったことや亡くなった祖母に何度かお会いしたこともあったので引っ越すことに決めました。
固定資産の金額を家賃代わりにお支払することになり、アパートを借りるよりは安いし、タダで済むよりも気が軽くなるので良かったと思いました。
義母にも空き家にするより負担が減り、お互いにありがたい話だと感謝しあっています。